弁護士 宮本真志によるリーガルクリニック

弁護士 宮本真志によるリーガルクリニック

社長が知っておきたい『債権譲渡』について

【今週のコラム】:経営者のためのリーガルクリニック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1月21日(月)18:30~@岐阜
テーマ:2019年 新春特別企画
「本邦初!ランチェスター実践経営計画の作り方」セミナー

中小企業で経営計画しっかりと取り組んでいる中小企業は以外に多くありません。
その理由は多くの場合、過去の決算書からだけの予測で経営計画を作成しようとして、
実現性のないものになってしまうからです。

経営計画に大切なことは、
「今後の成長戦略」をどう形づけるかということで、そのために必要な経営計画の
取り組みのメソッドを2019年 新春企画としてお伝えします。
コチラからも申し込みいただけます
http://www.no1-lm.com/cgi-bin/rm/acc.cgi?id=154390438813821

■2月20日(水)18:30~@名古屋
■3月15日(金)18:30~@岐阜 ※日程変更となりました
■4月16日(火)18:30~@名古屋
※会場の都合等により予定を変更する場合があります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆3,800円/月~ 全国どこでもランチェスター経営戦略が学べる◆
┃経営者のための会員制コンサル型勉強会『ランチェスター倶楽部』会員の募集!

┃旬の経営トピックをテーマに河辺よしろうがファシリテーターとなって
┃BSSパートナーズ(株)代表税理士 松本拓也氏と元カリスマファンドマネージャーで
┃約8000億円の運用をしていた金融アナリスト近藤駿介氏をメインキャスターに
┃CD音源によるランチェスター経営情報番組「ランチェスターサクセス・プログラム」と
┃毎月ランチェスター活用をテーマにした「ランチェスター・マーケティング・レポート」
┃をお届けします!

┃12月の「ランチェスター・サクセス・プログラム」のテーマは・・・
┃  「社長のためのリーダーシップ論」です!

┃番組では海外で活躍している社長のインタビューや、国内でランチェスター戦略を
┃実践している経営者などもインタビューも登場します!
┃過去にはアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、タイ、ベトナム、フィリピン
┃などの社長さんが登場!

┃スタンダード正会員になると毎月お届けしているCD音源のアーカイブのほか、
ランチェスター倶楽部が主催して毎月開催している「ランチェスター実践会」の
┃セミナーをまとめたレポート、会員向けメルマガに掲載されている経営者専門
┃英会話のスパルタンから「ビジネス英会話ワンポイントレッスン」、
┃宮本真司弁護士による「中小企業の経営法律相談室」もアーカイブでご覧いただく
┃ことができます。

┃また河辺よしろうによるランチェスターマネジメント・コンサルティングが
┃スカイプにて初回無料で可能になります!

┃さらにプラチナ正会員以上になりますと毎月、ランチェスター営戦略実践会を
┃東京、名古屋、岐阜で開催している「ランチェスター戦略実践会」に無料(有料の
┃場合有)でご参加いただくことができます。

┃「ランチェスター戦略実践会」に一度参加してみたいとお考えの方には、
┃モニター特典として、セミナー初回参加費無料にてご体験いただけます!!

┃    詳細はこちらから ↓↓↓↓
┃      http://www.no1-lm.com
┃お申し込み、お問い合わせはこちらまで!
┃→ kensyu@no1-lm.com
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・ ‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経営者のためのリーガルクリニック
社長が知っておきたい『債権譲渡』について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……
皆さん
こんにちは。弁護士の宮本です。

前回に引き続き民法の改正についてお話しをしようと思います。
今回は、「債権譲渡」についてです。

1 債権譲渡って何?
そもそも「債権」という用語自体、聞き慣れない方もおられると思いますが、
それほど難しい用語ではなく、人が人に対して特定の行為・給付を要求できる
権利のことをいいます。

例えば、AさんがBさんに対して50万円を貸した場合、
Aさんは、Bさんに対して、貸し付けた50万円の返還を求めることができる権利、
すなわち「債権」を持っていることになります。

このような債権は、その債権の性質に反しない限り、自由に譲り渡すことができます。

例えば、上記の例でいうと、Aさんが別のCさんに、この50万円の貸金債権を
譲渡した場合、権利がCさんに移ることになるので、今度はCさんがBさんに対して、
50万円の貸金の返還を求めることができるわけです。

2 債権譲渡の制限について
もっとも、当事者間で債権の譲渡を禁止したり、制限する旨の特約
(以下、「譲渡制限特約」といいます。)を合意することは可能です。

しかし、改正法は、譲渡制限特約を設けても、その「債権の譲渡は
その効力を妨げられない」と規定して、譲受人が債権者になることを明言しました
(改正民法466条2項)。

譲渡制限特約は一般的に債務者の利益を保護するため付されるものである一方、
この特約が債権譲渡による資金調達の支障となっている状況があってこれを改善する
必要も認められるため、改正されました。

他方、譲渡制限特約の存在を知っていたり、これを重大な過失によって知らなかった
債権の譲受人や第三者を保護する必要はありません。

そこで、債務者は、そのような悪意・重過失の譲受人や第三者には
債務の履行を拒否したり、譲渡人に対する弁済その他債務を消滅させる事由を
その第三者に主張することができると改正されました(改正民法466条3項)。

このように譲渡制限特約のある債権が譲渡された場合、新たな債権者は、
譲受人の悪意や重過失にかかわらず、債権の「譲受人」であり、もはや債権の
「譲渡人」には譲渡債権についての履行請求権も、債務者に対する取立権も
ないことになります。

そうすると、債務者としては、譲受人の悪意・重過失を立証できる場合は別として、
常に譲受人に対して債務を履行すれば足りるように思われますが、債権譲渡の
有効性に疑義があるような場合には、二重払いのリスクを負うことになります。
そこで、改正法は、債務者に対し、譲受人に譲渡制限特約を対抗出来るかどうかに
かかわらず、譲渡された金銭債権の金額相当分の額を供託することを認めました
(改正民法466条の2)。

なお,預金債権については,譲渡制限特約の付された預貯金債権が譲渡された場合、
特約について悪意・重過失の譲受人との関係では、譲渡が無効となる旨を規定しました
(改正民法466条の5第1項)。

以上のように、債権譲渡のためにルールが改正されています。
皆さん、ご注意ください。

〒460-0002
名古屋市中区丸の内三丁目5番10号 名古屋丸の内ビル3階
大津町法律事務所
弁護士 宮本 真志
Mail:mymt.law@gmail.com
TEL:(052)212-7840   FAX:(052)212-7940

・ ‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新春特別企画 ランチェスター倶楽部実践会@岐阜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……
テーマ:2019年 新春特別企画
「本邦初!ランチェスター実践経営計画の作り方」セミナー

中小企業で経営計画しっかりと取り組んでいる中小企業は以外に多くありません。

その理由は多くの場合、過去の決算書からだけの予測で経営計画を作成しようとして、
実現性のないものになってしまうからです。

経営計画に大切なことは、「今後の成長戦略」をどう形づけるかということで、
そのためには以下の3点を中心に簡単に経営計画の取り組みのメソッドを2019年
新春企画としてお伝えします。

単純に「経営計画の作成の仕方」だけではなく、「会社の未来ビジョン」の描き方を
一番重要な要素です。
この要素から2019年はどんな年になるのかもお話をさせて頂きます。
中小企業に「経営計画に取り組んでいるかどうか?」のアンケートをとった結果があります。

「作成したことがある」が53%
「作成したことがない」が47%。

さらに
「作成したことがある」のうち
毎年作成しているという人は10%程度になってしまいます。
その理由は「過去の決算書の数字」だけから「未来を描こう」とするからです!

ランチェスター経営の竹田陽一先生もおっしゃっていますが、「決算書とは、
結果の結果の、また結果」でしかありません。
過去の決算書をいくらこねくり回してみたところで「未来のビジョンを描くこと」は
不可能なのです。

ランチェスターマネジメントでは、3つの視点で経営計画を構築していきます。
社長は何を見て、
どの数字を使い、
どんな手順で考えていくのか。
具体的な取り組み方をレクチャーさせて頂きます。

ランチェスター経営計画作成の3つの視点≫
財務マネジメント編
・現状の財務分析
・ビジネスモデルの将来性
・計画数値の見える化
・経営計画と営業計画の連動
・財務改善の計画

ビジョンマネジメント編
・現状分析(自社の営業状況確認)
・環境分析(マクロ経済からの将来性)
・儲かるビジネスモデルの構築
・中小企業が儲ける商品戦略

人材マネジメント編
・採用コストの計画化
・離職率低減のための取り組み
・社員教育費の適正化
・働き方改革への対応

このセミナーに参加されると、会社経営のPDCAの回し方の原点が分かるようになります。

普段、河辺がランチェスターマネジメントが、コンサルティングで活用している
ランチェスター経営計画」のメソッドを新春特別セミナーとして会員の皆様に特別にお届けします。

会員以外の方は新春企画特別価格1万円(税込み)にてご参加が可能にさせて頂きました。

この機会に振るってご参加ください!

—————————
日時:
2019年1月21 日(月)18:30~20:30

講師:
ランチェスターマネジメント株式会社
代表取締役 河辺よしろう

会場:じゅうろくプラザ研修室1
参加費:
ランチェスター倶楽部プラチナ会員:無料
はじめての方:無料
一般:10,000円(税込)
懇親会:別途(4,000~5,000円程度)
—————————

※懇親会をお申し込みの際は2日前の19時までに
お申し込みくださいませ。
懇親会にお申し込みで、キャンセルされる場合に関しましても
2日前の19時までにお願い致します。

皆様と充実した時間をご一緒できることを楽しみにしております。

不明点がありましたら下記までご連絡いただけますと幸いです。

担当:渡邊、村瀬
kensyu@no1-lm.com
080-1613-3928

コチラからも申し込みいただけます
http://www.no1-lm.com/cgi-bin/rm/acc.cgi?id=154390438813821

※このメールは送信専用ソフトによって配信されています。
ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
▽今後このようなお知らせが不要な方は下記の登録フォームよりご連絡くださいませ。
【配信停止のお手続き】
http://www.no1-lm.com/cgi-bin/rm/acc.cgi?oc=143685121499453_$1$C8$CMt1oltuLanlsLmatmBXe