会社案内

ホーム > 会社案内

代表挨拶

河辺 よしろう

今、日本では毎月1,000件ペースで会社が倒産し、その6~7倍の会社が廃業しています。
これからの約30年で人口が4,000万人あまりも減少し、平均年齢が65歳くらいになってしまうという試算があります。人口が減少することに伴って市場が縮小し赤字の会社が8割にも迫りとても厳しい経済環境が続き、この先どうなるかまったく見通しが立たない状態です。
そんな中で弊社では「顧客の創造」をテーマに、どうやって新しい顧客をあなたの会社で創造していくのかということに対して、目的、目標の明確化から戦略、戦術(現場)に至るまでの過程をコンサルティングと社員教育という形でサポートさせて頂きます。
アメリカの天才コンサルタント、ピーター・ドラッカーは経営を次のように表現しています。
目の不自由な人たちが、貸し切バスに乗ってある動物園に行った。そこにはとてもおとなしく、人になついている象がいたので皆で象の体に触らせてもらうことにした。
バス旅行から帰ったあと、バス旅行を計画した人が「象はどういう形をしていましたか」と質問した。
象の牙にだけ触った人は、「象はまるで槍のようである」と言った。象の鼻だけ触った人は、「象はまるで大きな蛇のようである」と言った。象の足にだけ触った人は、「象はまるで大きな丸太のようである」と言った。
象の耳だけに触った人は、「象はまるで大きな団扇のようである」と言った。
体験者の発言はどれも正しい。しかし、それはその部分についてだけで、これらの人々の話から象の全体像をはっきりさせたり、象をスケッチしたりすることはできない。
まったく、同じことが経営についても言えます。
会計の専門家は、「経営を進める上でキャッシュフローが何よりも大事であるから、キャッシュフローがよくなるようにしなければならない」と言います。
人事や賃金を専門にするコンサルタントは、「賃金制度の整備が大事だ。成果主義の賃金制度を採用すれば業績がよくなる」と語気を荒げます。 別のコンサルタントは、「社内の人間関係が大事である。社内の人間関係さえよくなれば業績は自然に上がる」と宗教家のように悟った顔をして話します。
幹部の研修を専門にしているコンサルタントは、企業は人で決まる。幹部の教育を実行して幹部の実力を高めさえすれば業績は必ずよくなる」と自信に満ちた顔をして話します。
セールスマンの研修を専門にするコンサルタントは、「販売なくして経営なし。セールスマンが弱くては業績をよくすることはできない。地獄のスパルタ研修でセールスマンを鍛えれば、業績は飛躍的に伸びる」と言います。
どれも、もっともな話です。
しかし、多くの経営コンサルタントは、経営の全体像がどうなっているのかはもちろんのこと、経営を構成する大事な要因を体系的にきちんと説明せず、特定の部分についてだけ述べます。しかも、そこが経営の中心であるかのように言いますから、社長にはさっぱり分かりません。
弊社では、会社の全体像を分かりやすくする為にランチェスターマネジメントにおける経営の8大要因を1枚のシートに落とし込み、あなたの会社の現場の問題点、課題抽出を起点に商品戦略、地域戦略、業界/客層戦略と言った経営の対象となる部分から、経営の知識である営業/IT戦略、顧客維持というフローの流れで組織戦略、財務戦略、時間戦略という経営の手段への落とし込みを会計士、税理士、社会保険労務士と言った専門家と共に着眼大局の視点でお手伝いします。
その上で、戦略の前提となる目的、目標作り、社内の仕組み作り、そして現場での社員教育を実績豊富な社内外のコンサルタントや専門家と共にプロジェクト方式で中小企業経営のマネジメントを全力でサポートしますので、どうかお気軽にご相談くださいませ。

 

コンサルタント プロフィール

河辺よしろう 代表取締役(ビジネスモデルプロデューサー)
History of Yoshiro Kawabe

学業コンプレックスから30ヶ国を一人旅。米豪のブランドショップのユダヤ人や華僑の経営者の元で働き柔軟なビジネスモデル発想法に出会う。日本の大学を卒業後アメリカの大学へ留学しマーケティングを専攻。
メーカーの新製品開発員として勤務後、東証1部上場の商社を経て東京青山でコンサルティング&フランチャイズの会社として独立。
専務取締役として約1年半で資本金約1億円、社員100名超の規模に育て上げ海外にも進出。
ありふれた商売をキャッシュフローマシンに変えるビジネスモデルプロデューサーとして3人のケーキ屋から13万人の大手企業まで幅広く指導。豊富な海外ビジネス経験からアジア、欧米へ進出する為の海外でのビジネスモデル構築、営業サポートをおこなう。
執筆や年間200回を超える講演、ラジオのコメンテーター、ジャーナリストとして活躍。
斬新なアイディアで新規事業や事業再構築などビジネスモデルを生み出す手腕に定評がある。

I am the foremost expert on the Lanchester Strategy in Japan.
I have traveled alone to 30 countries. Working under Jewish and Chinese managers in America and Australia, I encountered business models with flexible ways of thinking.
After graduating from university, I studied abroad at an American university and majored in marketing.
After working as a new product developer at a major food company, I worked with a firm on the Tokyo Stock Exchange and then went independent with an organic FC and consulting company. After approximately one year, I had nurtured my company to a scope of having some 100 million yen in capital and 100 employees, and had advanced overseas. Currently, as a business model producer, I guide companies from three-person electronic appliance stores to major corporations of more than 130,000 people. I conduct business model construction for advancing overseas and also sales support.
In addition to consulting, I am also active as a writer, commentator, journalist, and lecturer who speak over 200 times per year in both Japan and overseas locations such as Los Angeles, London, New York, Singapore, and Mainland China as well.
I am an established reputation for creating business models both for new businesses with novel ideas and businesses in the process of restructuring.


 
 
 

ランチェスターマネジメント・シンガポールPte.Ltd 代表取締役 国際企業戦略コンサルタント プロフィール

Francis Tay ランチェスター倶楽部シンガポール代表
History of Miwako Narita

国際企業戦略、知的資源管理、業務情報、および戦略的市場参入のコンサルティングを主業務とするシンガプーラ・マネージメントPte. Ltdの代表取締役も務め35年間以上にわたりシンガポール及び外資系企業に対しての企業会計、税務対策、給料支払などの経営サービスのコンサルティングに従事。

ナンヤン工科大学(NTU)のWKWSCI(ウィー・キム・ウィー通信情報学院)に於けるKM(知的資源管理)修士号コース及びIS(情報システム)修士号コースで、業務知的情報、情報起業能力、組織統率力に関しての講義を行ない、ビッグデータの品質、解決策など業務知識情報に関する諸問題についてのアドバイスや講義を担当。
起業を目指す人材に起業支援資本家として投資及びコンサルティングを積極的に行っている。

さらに20年以上にわたって国際市場及びSME(中小企業)ビジネスに於いての実務経験を重ね政府公的機関に於いて主導的職務の重職を果たしてきた。
起業支援資本家として産業技術起業者に対する投資をおこない、ハイテク技術の孵卵システム(iAxil)に於ける後進指導プログラム及び客員起業経験者(EiR)プログラムに取り組んでいる。

シンガポール国立大学(NUS)から経済学、コンピュータ科学及びその応用技術専攻の名誉学位を付与され、ロンドン・ビジネス・スクールにおいては経営管理理学修士(Sloan)を取得。またシンガポール国家青年評議会(NYC)のシンガポール青年起業家表彰委員会(SYA)で委員を務め、ビジネスモデルのアイディアをどのようにして成功するビジネスに育て上げるかを記した著書「The Latent Factor(潜在因子)」はシンガポールにおいてベストセラーとなる。


Francis is currently a Director at Singapura Management Pte Ltd focusing on business strategy, knowledge management, business intelligence and strategic market entry consulting. Singapura Management has been in the business of providing corporate services (bookkeeping, tax, payroll, etc) to local and foreign companies based in Singapore for more than 35 years.

He is concurrently lecturing Business Intelligence, Information Entrepreneurship and Organizational Leadership in the Master of KM (Knowledge Management) and Master of IS (Information Systems) programme at Nanyang Technological University (NTU) WKWSCI (Wee Kim Wee School for Communications and Information). He has advised and lectured on business intelligence issues like data quality, solutions, etc. He is also a business angel having invested in, mentored and advised start-ups.

Francis' experience in international markets and SME business stretches back more than 20 years and has held senior positions in a market entry consulting firm and government statutory board. Francis has also invested in technology start-ups as a business angel and is on the Mentor Programme and Executive-in-Residence (EiR) Programme for Ascendas' high-tech incubator, iAxil.

Francis obtained his Honours degree from NUS, majoring in Economics and Computer Science & Applications, and his Master of Science in Management (Sloan) from the London Business School. Francis served 5 years on the National Youth Council's Singapore Youth Awards (SYA) Entrepreneurship committee. He is also the author of "The Latent Factors", a book on how to turn good ideas into great businesses.


 
 
 

コンサルタント プロフィール

大澤いくよ
近藤駿介
History of Yasuo Akashi

合同会社 アナザーステージ代表。

早稲田大学理工学部卒業後、都市トンネル技術者から資産運用業界に転身。株式、債券、ベンチャー投資、不動産関連投資等の運用で経験を積む。
「週刊ダイヤモンド」「東洋経済」など経済誌向けの執筆活動の傍ら評論家、ストラテジストとして経済同友会、日本証券業協会を始め、上場会社の経営会議や社員研修等で様々な講演活動、ベンチャー企業の経営顧問、資金調達指導などを積極的におこなう。
日経金融新聞(現;投資金融情報専門紙「日経ヴェリタス」)の「人気エコノミスト ランキング」にランクインをはたしファンドマネージャーとしても日本初の上場投資信託(ETF)である「日経300上場投信」の設定・運用責任者を務め、大手経済誌の調査で年間運用成績第2位に選出され日本初の上場投資信託(ETF)の設定・上場を成功させる。

社団法人 日本証券アナリスト検定会員
宅地建物取引主任者資格
証券外務員一種

経済同友会金曜会講師
日本証券業協会大阪支部勉強会講師
植田和男東大教授(当時、元日銀政策委員)主催勉強会講師
衆議院議員有志向け金融経済セミナー講師
大手証券会社個人投資家向けセミナー講師

大手証券会社中堅社員研修講師
大手通信会社社員研修講師
東証一部上場証券会社経営会議講師
東証一部金融会社経営会議講師
大手建設会社社員研修講師

MOCプロジェクトメンバー向け金融講座講師
セミナー会社主催若手社会人向け金融セミナー講師

ビジネス教育出版社FP継続教育セミナー講師
(社)夢を育てる大学校講師
(社)日本カルチャー協会認定講師

東洋経済(レポート掲載)
週刊ダイヤモンド(レポート掲載)
プレジデント(インタビュー記事)
週刊朝日(インタビュー記事)
月刊エンタメ(インタビュー記事)

StockvoiceTV WORLD MARKETZ出演




 

講演実績

【金融機関】

・十六銀行
・大垣共立銀行
・大分銀行
・名古屋銀行
・東和銀行
・阿波銀行
・第四銀行

・伊予銀行
・多摩信用金庫
・千葉信用金庫
・しずおか信用金庫
・甲府信用金庫
・長浜信用金庫
・北上信用金庫

・飛騨信用金庫
・株式会社共立総合研究所
・株式会社ちばぎん総合研究所
・株式会社ぶぎん地域経済研究所
・株式会社大銀経済経営研究所
・株式会社あしぎん総合研究所
・一般財団法人ひろぎん経済研究所
 その他多数


【商工会議所】

・名古屋商工会議所
・神戸商工会議所
・広島商工会議所
・多摩商工会議所
・日光商工会議所
・三次商工会議所
・鶴岡商工会議所
・佐野商工会議所
・舘林商工会議所
・宇都宮商工会議所
・新潟商工会議所
・いわき商工会議所
・真岡商工会議所
・伊勢崎商工会議所
・花巻商工会議所
・沼田商工会議所
・会津喜多方商工会議所
・新宮商工会議所
・府中商工会議所
・福山商工会議所
・西尾商工会議所
・土浦商工会議所
・美濃商工会議所
・亀山商工会議所
・大府商工会議所
・一宮商工会議所
・岐阜商工会議所
・江南商工会議所
・八千代商工会議所
・瀬戸商工会議所
・豊田商工会議所
・青森商工会議所
・金沢商工会議所
・白山商工会議所
・津久見商工会議所
・井原商工会議所
・児島商工会議所
・玉島商工会議所
・新見商工会議所
・観音寺商工会議所
・多度津商工会議所
・鹿児島商工会議所
・多治見商工会議所

・佐賀商工会議所
・近江八幡商工会議所
・草津商工会議所
・八日市商工会議所
・魚津商工会議所
・富山商工会議所
・伊那商工会議所
・三条商工会議所
・小野商工会議所
・庄原商工会議所
・勝山商工会議所
・敦賀商工会議所
・飯塚商工会議所
・久留米商工会議所
・郡山商工会議所
・福島商工会議所
・網走商工会議所
・伊勢商工会議所
・延岡商工会議所
・日向商工会議所
・宮崎商工会議所
・宇部商工会議所
・柳井商工会議所
・大館商工会議所
・松山商工会議所
・上尾商工会議所
・唐津商工会議所
・鳥栖証拠会議所
・長浜商工会議所
・静岡商工会議所
・東金商工会議所
・船橋商工会議所
・松戸商工会議所
・徳島商工会議所
・鳴門商工会議所
・吉野川商工会議所
・上田商工会議所
・下諏訪商工会議所
・長野商工会議所
・三条商工会議所
・呉商工会議所
・廿日市商工会議所
・大野商工会議所

・小浜商工会議所
・鳥羽商工会議所
・函館商工会議所
・御坊商工会議所
・岩見沢商工会議所
・富良野商工会議所
・札幌商工会議所
・館山商工会議所
・木更津商工会議所
・さいたま商工会議所
・三島商工会議所
・北見商工会議所
・三原商工会議所
・宇治商工会議所
・羽島商工会議所
・砺波商工会議所
・加賀商工会議所
・豊橋商工会議所
・飯田商工会議所
・阿久根商工会議所
・青梅商工会議所
・宇部商工会議所
・島田商工会議所
・大垣商工会議所
・高松商工会議所
・八王子商工会議所
・水戸商工会議所
・新南陽商工会議所
・秩父商工会議所
・渋川商工会議所
・豊岡商工会議所
・むつ商工会議所
・新発田商工会議所
・富士商工会議所
・青森商工会議所
・鹿沼商工会議所
・碧南商工会議所
・岐阜県商工会議所連合会
・滋賀県商工会議所連合会
・美濃加茂青年会議所
・桑名青年会議所
・亀山商工会議所青年部
 その他多数


【商工会】

・古河市商工会
・尾張旭市商工会
・広島東商工会
・佐久穂町商工会
・あわら市商工会
・笠間市商工会
・米原市商工会
・常総市商工会
・知多市商工会
・御嵩商工会
・焼津町商工会
・宝達志水町商工会
・丸亀市飯綾商工会
・南砺市商工会
・長泉町商工会
・佐用町商工会

・加東市商工会
・行方市商工会
・那珂市商工会
・水戸市内原商工会
・川上商工会
・長浜町商工会
・古河市商工会
・古川町商工会
・牧之原商工会
・富山県商工会連合会
・阿智村商工会
・白根商工会
・知立市商工会
・越智商工会
・松野町商工会
・内子町商工会

・八潮市商工会
・米原市商工会
・印南町商工会
・北茨城市商工会
・高松市中央商工会
・八千代町商工会
・笹神商工会
・三島町商工会
・高崎市倉渕商工会
・高山北商工会
・石川県商工会連合会
・青森県商工会連合会
・高知県商工会連合会
・長野県商工会連合会
 その他多数


【社団法人】

・公益社団法人熊本西法人会
・公益社団法人徳島法人会
・公益社団法人川越法人会
・公益社団法人上野法人会
・公益社団法人高岡法人会
・公益社団法人諫早大村法人会

・公益社団法人柏崎法人会
・公益社団法人高田法人会
・公益社団法人酒田法人会
・蒲田法人会
・社団法人駒ヶ根青年会議所
・社団法人京都府警備業協会

・一般社団法人中部産業連盟
・公益財団法人岐阜県産業経済振興センター
・公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会
・公益財団法人ソフトピアジャパン
・公益社団法人 川崎西法人会
 その他多数


【税理士事務所】

・辻・本郷税理士法人
・税理士法人稲田会計事務所
・後藤公認会計士税理士事務所
・小野寺税務会計事務所
・佐藤税理士事務所

・原田公認会計士・税理士事務所
・SMC税理士法人
・鈴木税理士事務所
・斎藤税士事務所
・野呂税理士事務所

・関口税理士事務所
・蟻塚税務会計事務所
・松本税理士事務所
 その他多数


【一般企業】

・三菱電機株式会社
・UCCホールディングス株式会社
・大和小田急建設株式会社
・株式会社ケア21
・株式会社国際食品流通同友会
・ホーザン株式会社
・プルデンシャル生命保険株式会社
・アイエヌジー生命保険株式会社
・紀陽リース・キャピタル株式会社
・三幸産業株式会社
・綾羽株式会社

・株式会社ホテルグランヴィア広島
・株式会社新和製作所
・株式会社パソナテック
・株式会社就職情報センター
・株式会社常陽産業研究所
・名古屋中小企業投資育成株式会社
・岐阜県樹脂工業組合
・岐阜県印刷業組合
・東京練馬西ロータリークラブ
・就職情報センター
・全国クリーニングハウス協会

・株式会社ダスキン
・和歌山県石油商業組合
・株式会社有未社
・茨城県水戸生涯学習センター
・関東リオン株式会社
・株式会社MAP経営
・株式会社エッサム
・三井食品工業株式会社
・彦根総合地方卸売市場株式会社
 その他多数

 

会社概要

社名 ランチェスターマネジメント株式会社
創業 2004年10月
資本金 1,000万円
代表取締役 河辺 よしろう
業務内容 ランチェスター経営戦略による経営コンサルタント
営業リノベーション戦略構築
商品開発戦略マーケティング
地域戦略マーケティング
顧客維持マーケティング
WEB販売マーケティング

<有料職業紹介>許可番号:23-ユ-301244
<特定労働者派遣>許可番号:特23-306172
取引銀行 大垣共立銀行/三井住友銀行
 

経営理念

Our Mission

私たちは『ランチェスター経営戦略』と『創造性』を通じて、クライアントに価値のある変革と成長をもたらし、安定的かつ継続的な企業価値向上に貢献します。

Our Vision
グローカルコンサルティングファーム宣言

私たちは過去の価値観に執着せず全世帯のSME(中小企業)に対して、『グローバルに思考して、ローカルにビジネスをする』伴走型パートナーとして『No.1コア・コンピタンス(強み)創り』を応援する真のパートナーであり続けます。

Our Core Values

私たちは「旧来の方法が一番いい」という考えを捨て、絶えず改良にチャレンジし続けるパートナーとしてランチェスター8大要因にもとづく経営の決断に必要なグローカルな情報を提供。

さらに過去の業績分析だけにとらわれずに営業のデータマイニング(採掘)分析と、MAP経営シュミレーション(未来会計)を活用し、目標達成する経営体質を構築するための経営(営業)計画を機軸とした経営サイクル(仮設、検証、修正)の確立と運営をサポートします。

「安心して働ける環境」と「活力ある個と組織」を共に創ることを目的として、EQ(行動特性)理論を活用した組織活性化をサポートします。

 

東京オフィス

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目2番15号
ウィン青山1403
TEL:03-6869-7959 FAX:03-6893-3931

名古屋オフィス

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-2-10
日進ビル2階
TEL:052-414-4848 FAX:052-414-4868

シンガポールオフィス

66 Loyang way Singapore 508756
TEL:(65)6545-0595

中国オフィス

22/F Jilin Youth Entrepreneurship Zone No.2209 Xi'An Road Changchun, China 130061
TEL:(86) 0431-8190-2601

ご相談・お問合せはこちら/TEL0120-868-896