お知らせ

ホーム > お知らせ > その他 > イノベーション、顧客維持  5/15号

イノベーション、顧客維持  5/15号

2017.05.15

今回のメルマガも御社の経営に役立つコラムやセミナー案内、英語レッスンなどが満載です!

 

【本日のランチェスターコラム】:イノベーション、顧客維持

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇今後の予定

526日(金)1900~ ランチェスター倶楽部@岐阜 実践会

616日(金)1830~ ランチェスター倶楽部@名古屋 実践会

620日(火)1900~ ビジネス英会話

713日(木)1900~ ランチェスター倶楽部@岐阜 実践会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

こんにちは、ランチェスターマネジメント株式会社の河辺よしろうです。

今週はずっとアメリカのフロリダ州のある仕事でマイアミに滞在しています。

 

どんな分野においても、日本では色々な行政規制が網の目の様にかぶさっていて何か新しいことをはじめようとしても、国や県や地元地方自治体の許可を必要とするものばかり。

 

感覚的に言うと・・・日本の行政のビジネスに対するスタンスは・・・

 

米国・・・アイディアでビジネスの創出=時代に適応した新産業の創出

日本・・・既得利権の保護

 

こんなイメージじゃないでしょうか。

 

アベノミクスで補助金、助成金がとても一般的なものとして定着してきているようですが、私から見ればそもそもこの補助金、助成金という存在が大きくなりすぎることがビジネスを不健全なものにしているような気がしてなりません。

 

なぜならば、新しいビジネスをはじめる時に、いちいちこの補助金などを得る目的で行政にお伺いを立てなければいけないわけです。

 

補助金と言うのは経済産業省系列で、なにかに取り組むときの1/3を補助すると言った内容のモノが主体です。また助成金と言うのは厚生労働省系列で人の採用や正社員化の時にもらえるものです。

前者は申請して採択される必要があり100%もらえるかどうか分かりません。

後者は条件を満たせば1年後にはかならずもらえるものです。

 

採用に係る助成金はよいとしても100%採択されるかどうかわからない書類作成に社内、社外係らず多くの人が携わって最終的にはお役所がそれを採択するわけです。

こんなバカげたことがあるでしょうか。

その理由は、採択する側に「ビジネスを見る目」や「実業経験がない」という事があげられます。

これは銀行融資の事業評価制にも通じることがあります。

しかも、その財源になっているのは「私たちの税金」です。

沢山税金を搾取されて、なにか新しいビジネスをはじめようとしたら、その良し悪しを決めるキーマンが「ビジネスを見る目」や「実業経験がない」行政がらみの人達なんです。

 

この数年日本の中小企業の内部留保がとても進んでいます。

 

黒字化していて社員数17名、売上年収3.2億円規模の中小企業の一人あたりの自己資本額は5年ほど前までは500万円程度でしたが、現在では一人当たり690万円ほどにまで上昇しています。

 

この理由は・・・

1、将来不安に対する備え

2、適切な投資先が見つからない

 

この2つが大きいと言えます。

 

結論を言えば、法人税を沢山取るくらいなら減額して企業が助成金をもらわなくて自分たちで投資判断をスピード感を持ってできるようにすることの方がビジネスには適切だともいます。

「ビジネスを見る目」や「実業経験がない」人たちに事業評価を時間を使ってしてもらっている間にビジネスの世界は変化していってしまうからです。

 

どこかのラーメンチェーンに海外進出の為に、国の補助金10億円を拠出したことなども、愚の骨頂ですね。

 

政府は海外企業の優遇の為に数年後には法人税を現在の40%程度から27%程度まで段階的に下げると言っていますが、そもそも27%で世界的な競争力にはなりえないことに気づくべきです。

アジアで言えば法人税1017%程度のシンガポールを筆頭に総合的な企業誘致が進んでいます。

 

以前、政府で国内企業の内部留保が大きくなりすぎているからそれを市場に出す為に内部留保した資産に税金を掛けるという提案がされていましたが、こんなバカげたことはあり得ませんね。

中途半端に法人税を下げたりするくらいなら、法人税を90%くらいにいっそした方が企業は内部留保をバカバカ使うことになるでしょう。

 

日本の中小企業に対する経済政策を見ていると「お上は正しくて、中小企業の社長はバカ。だから指導が欠かせない」というニュアンスを受けるのは私だけでしょうか。

ほんとうに日本の競争力を高めたいのであれば、こんな事をしているよりも国会議員の削減、公務員の削減をして行政改革の進めることで投資判断を企業がしっかりと取り組める税の形、補助金の形に変える方が手っ取り早いのでないでしょうか。

 

血液の循環としての金融機関(融資)の事業性評価を含めた健全な取り組みを期待したいところです。

 

 

‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランチェスターコラム

イノベーション、顧客維持

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……

◆イノベーションの神髄

経済学者のシュンペーターは、イノベーションの神髄を「創造的破壊」と呼びました。

予期せぬ環境変化が相次ぐ時代に、企業は自らの革新ができなければ生き残れません。

現在ある状況を否定し、創造的な破壊に挑むことで、企業は変化に対応し新しい時代に

新たな価値を提供し続けることができるのです。

これをやっていかないと、どんどんじり貧になっていきます。

 

ユニクロの柳井正さんは、「現状維持は後退だ」と述べ、常に成長のために創造的破壊を

繰り返しています。

パート・アルバイトを16000人正社員化するという取り組みもなかなかできること

ではありません。

もちろんそこには意図があり、人を採用しやすい、つまり人材を確保しやすいので、

人材不足の解消に先手を打ったという面もありますが、自分たちのビジネスモデルを

大きく変えるほどの決断は柳井さんだから出来たと言えるでしょう。

 

中小企業は「うちがそれをやったら、つぶれちゃうよ!」となるかもしれませんが、

そこを考えることが創造的破壊なのです。

 

 

◆カスタマーオーナー

フィリップ・コトラーがいう「カスタマーオーナー」とは、まるで会社のオーナーの

ようにあなたの会社のために献身的な活動をしてくれる顧客のことです。

購入して気に入ってくれたら他の人に勧めてくれたり、商品の改良点やサービスの向上に

ついてアイデアを提供してくれる顧客という意味です。

 

一般的に、顧客の50%以上がリピーター客になってくれると経営が安定すると言われています。

コトラーは、たとえ10%でも「カスタマーオーナー」になってくれると良いとしています。

最近ではFacebookなどを利用して、商品を買ってくれた顧客と直接やりとりすることで、

カスタマーオーナー作りに成功している企業も少なくありません。

 

【フィリップ・コトラーの愛される会社の8つの条件】

1.すべてのステークホルダーに注意を払っている。投資家やオーナーだけではなく、

チームとしてみんなが働く。

2.経営者が会社を愛している。そして多額の報酬をもらっていない。

3.非常に話しやすい経営者。部下が気楽に提案できる。

4.社員の報酬が高い。研修期間も長い。

5.カスタマーに興味を持っている。

6.サプライヤーを重視している。買いたたいたりしない。

7.コーポレートカルチャーがある。

8.マーケティング予算が低い。

 

「カスタマーオーナー」が増えると、顧客がその会社を愛して協力してくれるので、

その商品・サービスを使ってどんなに自分がハッピーかを宣伝してくれるから、

結果的にマーケティング予算が低くて済みます。これはまさに中小企業向きの取り組み課題です。

 

 

◆顧客数と投資コスト

創業したての時や新商品を発売した時には、まとまったお金を投資して顧客を新しく

創造する必要があります。

顧客を増やし、ファンを増やすことで、経営が安定するにしたがって、顧客を創る

ための投資コストが下がってきます。

 

このことを頭に入れておかないと、顧客の離脱に気がつかず、いつまでも新しい顧客を

創るための投資を続けることになってしまいます。それでは会社が儲かりません。

初期投資のコストを下げるには、いかに早く顧客を増やすか、ということです。

それには、新しく創った顧客をいかに離脱させないで保つかということも大切です。

 

たとえばネットショップなどでは、1万円を売ろうとすると、お客を創るコストが

1万円かかります。すると、1億円売ろうとすると、客単価1万円で考えれば、

1万人のお客が必要です。1億円売るために、1億円のコストがかかるとなれば、

何をやっているのか分からなくなります。

しかし、客単価1万円のお客を1000人つくっておいて、それぞれ10回リピートして

くれれば、これも売り上げは1億円となります。すると初期投資コストがまったく

変わってきます。

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

ビジネスに役立つ。。。

   Riekoの ”ワンフレーズ☆英会話”  Phrase46

 

I’d like to reserve a room, from this Friday to next Monday, for three nights.)

(金曜から月曜まで、3泊で宿泊予約したいのですが。)

 

“reserve”は「予約する」です。”make a reservation”OKです。

ホテルやレストランなど予約する時に使える”I’d like to.”

丁寧に要望を伝える表現です。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランチェスター倶楽部@岐阜 戦略実践会のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……

【日時】526日() 19:0020:45

【場所】じゅうろくプラザ(定員30名)

http://plaza-gifu.jp/access/

【参加費】はじめて体験会にご参加の方

参加費無料+懇親会費用(参加の場合)

【懇親会】21:1522:30(別会場にて)

 

テーマ:人を動かす「人心掌握術」とは?

〜グローバルランキング上位500社の90%の企業が受けています!〜

 

概要:

良かれと思ってやったのに、反応が悪かった…そんな経験ありますよね?

それは、もしかしたら相手の感情や価値観の琴線に触れたせいかも知れません。

 

ひとは、感情で意思決定していると言われています。国を動かすような政治家

でさえ、です。しかし、私たちは感情マネジメントと言ったことを学んだ経験は

ほとんどありません。

 

私たち経営者は、多くの人を動かし協力を得て、成果の最大化を目指しています。

非常に強い組織のリーダーは、部下や取引先の関係者の心を掴んでいます。

つまり、権力によって動かすだけでなく、感情を理解した上で、本人たちをその気に

させ自主的に動いてもらっています。

 

今回の勉強会では、人心掌握術を体験していただくとともに、社員のやる気を

引き出す「人事評価制度の概要」、そしてそれらを実現しやすくするための

「助成金活用のススメ」に触れます。

 

内容

1. 人を動かす「人心掌握術」体験

2. 人を動かす「人事評価制度」構築・運用についてのご案内

3. 助成金活用のススメ

 

講師:宮本竜弥

株式会社イエルバ・ブエナ創業者

http://www.yerbabuena.co.jp/

 

プロフィール:

1984年東京生まれ。アメリカから帰国後、米系財務リスクコンサルティング企業に入社。のちにKPMG、日本オラクルを経て、 2007年株式会社イエルバ・ブエナ創業。現在までに、2つの事業(ITコンサルティングとフレンチレストラン) 立ち上げ売却に成功。

大手外資系コンサルティングファーム顧問

AI/データサイエンス企業(上場企業子会社)監査役

筑波大学社会人大学院(MBA)非常勤講師(2003)

デールカーネギー認定トレーナー

立教大学経営学部兼任講師

神戸大学大学院経営学研究科修了(経営学修士)

 

お申し込みはこちらまで!

kensyu@no1-lm.com

お申し込みの際に、懇親会の出欠もあわせてお知らせください。

ご都合が悪くなった場合も予めご連絡頂きますようお願い申し上げます。

懇親会をお申し込みで、当日19:00までにご連絡がなく懇親会を

ご欠席の場合は参加費を頂戴致しますので、予めご了承くださいませ。

皆様と充実したお時間をご一緒できること楽しみにしております。

 

担当:村瀬、渡邊(080-1613-3928

 

‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランチェスタービジネス英会話 ※5月は休講となります

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……

 

英語で情報をとる。

ビジネスパーソンとして目指すべき姿の一つです。

ランチェスタービジネス英会話では、英語の基礎をしっかり身につけながら

CNNニュースやWall Street Journalなどの時事ネタを

「読む」だけでなく、「聴く」「話す」と共に理解していける

オリジナルカリキュラムです。

海外の旬なビジネス情報を自分のモノにしながら、楽しく英会話を学びませんか。

 

【日時】620日(火)18:3020:00 ※月1回開催

【場所】名古屋オフィス

【定員】5

【参加費】ランチェスター倶楽部会員 / 3800

     ランチェスタービジネス英語会員 / 5000

     一般 / 5500

【講師】村瀬 理恵子(むらせ りえこ)

岐阜県出身。

元大手英会話スクール勤務、元中学校英語教諭。

20年に渡る英語を学ぶ過程において、英会話で重要なのは「中学レベルの英語」だ

ということを確信して自身の英語アレルギーを克服。

学習体験・大手英会話スクールでの実績・中学校で英語の指導経験を活かし

「難しそうに見える英語」がすぐに聴ける、話せる、読める、書けることが

できるようになる独自の「りえ子式ビジネス英語学習法」を開発し

「英会話コミュニティー Enter Link English」を立ち上げる。

現在は子供から大人まで英語アレルギーの人たちを克服させ英語ファンに変える

英会話レッスンをはじめ、Web翻訳(英語ホームページ作成などの)

企業でのビジネス英語指導に携わり英語での情報発信ができる人材育成に力を

いれている。

 

お問い合わせ・お申し込みはこちらまで!

kensyu@no1-lm.com

担当:村瀬、渡邊(080-1613-3928

 

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃◆3,800/月~ 全国どこでもランチェスター経営戦略が学べる◆

経営者のための会員制コンサル型勉強会『ランチェスター倶楽部』

┃旬の経営トピックをテーマに河辺よしろうがファシリテーターとなって

BSSパートナーズ(株)代表税理士 松本拓也氏と元カリスマファンドマネージャーで

┃ 約8000億円の運用をしていた金融アナリスト近藤駿介氏をメインキャスターに

┃音声によるランチェスター経営情報誌「ランチェスター・サクセス・プログラム」を

┃毎月ランチェスター活用をテーマにした「ランチェスター・マーケティング・レポート」を

┃お届けさせて頂きます。(企業レポート、海外企業取材などあり)

┃毎月、ランチェスター経営戦略実践会を東京、名古屋、岐阜で開催しています!

┃オブザーバーの初回参加費無料なのでお気軽にご参加ください!

┃倶楽部会員の方は無料でご参加頂けます。

┃       詳細はこちらから ↓↓↓↓

┃             http://www.no1-lm.com

┃お申し込み、お問い合わせはこちらまで! 

 kensyu@no1-lm.com

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

*.:.**.:.**.:.**.:.**.:.**.:.**.:.**.:.**.:.**.:.**

☆ STAFFの日記 ☆

 

こんにちは!STAFF理恵子です♪

GWはいかがでしたか?今年は名古屋に新しい施設が続々とオープンしましたね。

LEGOランド・JRゲートタワーなど、皆様は行かれましたか?

 

GWが明けると、5月病の季節ですね。社員の皆様のみならず、

皆様も心身共に健康にはお気をつけくださいませ。

*.:.**.:.**.:.**.:.**.:.**.:.**.:.**.:.**.:.**.:.**

 ------------------------------------------------------------------

ランチェスターマネジメント株式会社

□東京オフィス 107-0062 東京都港区南青山2-2-15ウィン青山1403

 TEL03-68697959  FAX03-6893-3931

□名古屋オフィス 450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-2-10日進ビル2

 TEL052414-4848  FAX052-414-4868

□【HP

http://www.no1-lm.com/cgi-bin/rm/acc.cgi?rlink=R6GP1T1N80

------------------------------------------------------------------



ご相談・お問合せはこちら/TEL0120-868-896
ランチェスター倶楽部
オフィシャルBLOG 河辺よしろうの法則

ランチェスターマネジメントyoutubeチャンネル