サービス案内

人事評価システム構築・EQマネジメント

net_2

ランチェスターマネジメント人事評価

会社の目指す5年後の姿からどんな人材に育って欲しいのかを明確にするために、人間性と仕事のスキルに分類してトヨタ自動車活用している四取表形式の4段階評価でおこないます。

手順

1.現場の仕事の棚卸し

2.人間性面での社長が求める要件と、仕事のスキルとして必要な要件に分類して評価基準を決めていきます

3.上司だけからの評価ではなく部下、同僚、社長など3点評価、5点評価で人材評価が可能になる評価方法を構築します。

「自ら戦略を考え、行動できる人材を育てよう!」

education_img3

「人財」ではなく「人材」のほんとうの意味を理解する。

企業にとってそこで働く社員の戦力化はその会社の将来を決める重要な経営資源です。 最近ではやたらと「人材」ではなく、当て字の「人財」を利用する教育系の会社が増えてきました。しかし、本来「人材」とは漢字の語源から大切な意味があります。

昔、日本で神社や仏閣などの大切な建造物を建立する際や船を建造する際にはたくさんの木が使われました。

まっすぐに育った木だけであれば利用することもそれほど難しい訳ではありませんが、利用された多くの木はまっすぐのものより曲がったものが多く使われました。それは曲がった木の方がまっすぐ育った木よりも耐久性が高かったからなのです。

そして建立や建造をする人たちは自然の曲がった木を自由自在に扱う能力が求められました。つまり「人材」とは大切な木とそれを扱う職人を自由自在にマネジメントできる人たちだったわけです。

「人材」とは現代の経営でいえば組織もふくめた大切な会社の経営資源を無駄がなく、効果的にマネジメントできる人ということになります。

ランチェスターマネジメント株式会社の「戦略人材育成教育プログラム」は戦略教育、戦術研修の専門コンサルタントがモチベーションアップ、スキルアップして組織のマネジメント能力を向上するためのカリキュラムを作成しております。貴社の今と未来を切り開く戦略社員の育成にお役立てください。

人事評価制度に関する講演実績

やる気の出る評価・賃金制度構築・運用セミナー

社員を定着させる人事の仕組み作りセミナー

人事トラブル解決セミナー

目標達成型 人事評価制度構築セミナー

 

end_bana